広島県のおすすめ初詣スポット、2022年の初詣行事やご利益は?

亀山神社

広島県のおすすめ初詣スポット、2022年の初詣行事やご利益は?

年末年始におすすめ 初詣 正月 寺社 ご利益 縁結び
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

広島県(廿日市、尾道など)で初詣におすすめの神社や寺院などをご紹介。各寺社の由来や初詣行事、「厄除け、開運、縁結び、商売繁盛…」などの主なご利益、お正月の混雑時間などをチェック。2022年のお正月にお参りしたいスポットを探してみて。※情報確認時期は、2021年11月~12月です。最新情報は各物件へお問い合わせください。

Summary

広島護国神社(広島県/広島市中区)

明治元年(1868)に戊辰戦争で陣没した浅野藩士78柱を祀ったのが創建で、以来、大東亜戦争に至るまでの数々の戦争で戦没した英霊、原爆犠牲となった動員学徒、女子挺身隊などおよそ9万2千余柱の神霊を祀っている。原爆で御社殿すべてが焼失した後、昭和31年(1956)に現在の広島城跡に再建された。現在の社殿は平成5年(1993)に建て替えられたもの。

広島護国神社

初詣期間の情報
初詣には広島県一番の参拝者を誇る。お守り等の授与時間は1月1日0~23時、1月2・3日8~22時。1月4~7日8~18時。1月8日以降は9~17時。※1月4日~のお守りなどの授与は、時間変更の場合あり、公式サイト要確認。コロナ対策として12月13日(正月事始めの日)から「幸先詣」と称し、新しい年の御守御札・破魔矢・熊手などの縁起物を授与。

初詣行事
● 歳旦祭/2022年1月1日10時~
● 二日祭/2022年1月2日10時~
● 元始祭/2022年1月3日10時~

  • ご利益:商売繁盛、家内安全、交通安全、厄除け、学業成就、安産祈願など
  • 祭神:広島県西部出身の英霊、広島原爆犠牲の動員学徒・女子挺身隊など
  • 混雑時間:1月1日は0~2時、11~18時。2・3日は11~18時
  • 料金:境内自由
  • 駐車場:なし/年末年始は臨時駐車場あり、ただし大変混雑するため、公共交通機関の利用をおすすめ
  • URL:https://www.h-gokoku.or.jp/

嚴島神社(広島県/廿日市市)

海を敷地に見立てた独創的な構成と、平安の建築美を誇る壮麗な古社。推古天皇即位の年(593)の創建と伝えられ、仁安3年(1168)平清盛が、現在ある寝殿造の様式を取り入れた社殿を造営した。本社を中心に、海へ突き出した平舞台[ひらぶたい](国宝)、高舞台[たかぶたい](国宝)、能舞台[のうぶたい](重要文化財)、客[まろうど]神社(国宝)など20数棟が、総延長約270mにも及ぶ朱塗りの回廊で結ばれている。

嚴島神社

初詣期間の情報
参拝は1月1日0時~18時30分、1月2・3日6時30分~18時30分。※※コロナウイルスの影響で変更の場合あり、公式サイト要確認

初詣行事
● 歳旦祭/2022年1月1日5時/祭典終了後に舞楽1曲奉奏※※コロナウイルスの影響で変更の場合あり
● 二日祭/2022年1月2日9時(時間変更の場合あり)/13時から舞楽2曲奉奏※※コロナウイルスの影響で変更の場合あり
● 元始祭/2022年1月3日9時/13時から舞楽5曲奉奏※※コロナウイルスの影響で変更の場合あり

  • ご利益:国家安泰、家内安全、商売繁盛、海上安全、心願成就ほか
  • 祭神:市杵島姫命、田心姫命、湍津姫命、ほか
  • 混雑時間:1月1日0~2時、9~16時、2・3日9~16時※※分散参拝にご協力を。
  • 料金:拝観大人300円(宝物館との共通券500円)
  • 駐車場:なし
  • URL:http://www.itsukushimajinja.jp/

亀山神社(広島県/呉市)

旧呉市内の総氏神として信仰され、八幡神として品陀和気命[ほんだわけのみこと](応神天皇)・帯中日子命[たらしなかつひこのみこと](仲哀天皇)・息長帯日売命[おきながたらひめのみこと](神功皇后)を祀る。安産、学業成就、交通安全のご利益があるとされている。

亀山神社

初詣期間の情報
参拝は12月31日~1月1日23時頃まで。2・3日は5時頃~21時頃まで。札所は9~20時頃まで。4日以降は9~17時。

初詣行事
● 大祓祭並びに越年祭/2021年12月31日23時20分~23時50分
● 歳旦祭/2022年1月1日9時~

  • ご利益:緒願成就、安産祈願、学業成就、交通安全
  • 祭神:品陀和気命、帯中日子命、息長帯日売命
  • 混雑時間:1月1~3日は10~17時
  • 料金:境内自由
  • 駐車場:あり/年末年始は境内約40台
  • URL:https://www.kameyama-jinja.com/

御調八幡宮(広島県/三原市)

道鏡事件でこの地に無実の罪にて流罪となった和気広虫姫[わけのひろむしひめ]が大隅に流された弟・清麻呂公の身を安じ、宇佐八幡の分霊を勧請して神護景雲3年(769)に創建したといわれる。室町幕府8代将軍足利義政が寄進した木造狛犬(重要文化財)や鎌倉時代の板木(経版木)(重要文化財)、木造行道面(重要文化財)、御神像7体(重要文化財)などを所蔵し、秀吉手植えの桜で知られる。

No Image

初詣期間の情報
拝殿でのご祈祷は1月1日0~3時、7時30分~17時。2日以降は8~17時。境内授与所は1月1日0時~2時30分、7時30分~17時、2日以降は8時30分~17時。1・2日の11~14時の時間帯には石段に長い行列ができる。

初詣行事
● 歳旦祭/2022年1月1日2時30分~3時
● 新春生け花展/2022年1月1日0~17時、1月15日8~17時
● 新春写真展/2021年12月28日8~17時、2022年1月15日8~17時

  • ご利益:開運厄除、家内安全、商売繁昌、学業成就、地鎮祭、その他
  • 祭神:応神天皇、比め大神、神功皇后
  • 混雑時間:1月1日は0~1時、11~14時。2日は11~14時
  • 料金:境内無料
  • 駐車場:あり
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください